電動夏子劇団ブログ

<< #001『丸の内MENTHOL』 | main | 短かっ! >>
#002『霜降りが融けるまで』
title002.jpg

―東京のとある町のとある河原。そこには大きな穴があった。何のための穴かはわからない。
 そこには土木工事、発掘調査、宝探しなど、毎日毎日いろいろな人が入れ替わり立ち代わり訪れる。
―そこには、ホームレスの一団もあった。社会からはみ出し、人として扱われる事のなくなった階層。
 大都会で家をなくした彼らのあるべき場所は、地面の中であった。地中を縦横無尽に歩き分け、神出鬼没。
 その移動範囲は海をも越える。

 そしていつしか彼らはこう呼ばれた。「国境なき乞食団」と。

 穴に棲んでる奴らがいる。穴にこだわる女がいる。閉じ込められた女の記憶が、穴を掘るたび甦る。
 記憶の奥底に眠る、暖かい眼差し、おじさんの記憶。国境なき乞食団と2人の少女と足長おじさん。
 最下層の人間が教えてあげる。本当の家の場所。
 織り成す物語は、霜降りが融けるほど、果てしなく、暖かい。

 若きリーダー、キングは言う。

 「俺らは所詮乞食だ。確かに家はない。家はないが、人情はある。」

 電動夏子安置システムがお送りする、極上エンターテイメント第2弾!


[[ Archive ]]

チラシ表面(jpegファイル)

チラシ裏面(jpegファイル)
当日パンフ(pdfファイル)

[[ DATA ]]
会場  神楽坂die pratze
期間  2001.03.23(Fri.)〜2001.03.25(Sun.) 全5回
料金  前売/2300円  当日/2000円  (フェスティバル通しチケット)

[[ STAFF ]]
脚本・演出  竹田哲士
照明  今井昌史・渡辺美弥子
音楽  榊原正吾
衣裳原案  狩野智子
衣裳  喜多悠・戸谷沙織
舞台監督  佐藤貴之
宣伝美術  オフィスFLIP-TOP
映像  As Works PROJECT
制作  村上朋弘(オフィスFLIP-TOP)
協力  松平信維(演劇工房)
明治大学演劇研究部

[[ CAST ]]
渡辺美弥子・小原雄平・当山慎也・小笠原千怜・道井良樹
狩野智子・高松亮・中川崇宏・竹田哲士・遠藤夏子(明大劇研)

| | 過去の公演情報 | 02:55 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://weblog.dna-system.com/trackback/1429920
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ