電動夏子劇団ブログ

<< ワークショップ開催のお知らせ | main | オンラインショップ新商品のお知らせ >>
『Shoe Cage』

次回の電夏の公演はー

 

電動夏子安置システム第34回本公演
『Shoe Cage』

 

 

 

劇団員だけでお送りする本公演。

電夏ならではの喜劇をご堪能下さい。

 

予約は9月1日開始です!

御予約はー

http://www.dna-system.com/next/034/ticket.html

 

▼脚本・演出
竹田哲士

▼出演
小原雄平  道井良樹 岩田裕耳  片桐俊次  なしお成
新野アコヤ 武川優子 犬井のぞみ 渡辺美弥子

 

▼会場
OFF・OFFシアター (下北沢)
東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F

▼料金

前売   :3,300円
前半割  :3,000円
     (10月20日19:30、21日15:00)
当日   :3,800円
学生割引:2,000円(大学生以下対象)
夏子割 :0円(劇団のみ取扱い)
 ※全席自由席

 

▼概要
その法案が自分たちにどのような影響を及ぼすのか、国民の多くは理解していなかった。
想像が及ばなかったというべきか。そもそも時の政権が自由主義的なものから、緩やかな全体主義に移りつつある事を、何となく感じながらも止めようともしなかった。かつて、とあるメディアは、監視社会に起こりうることとして、以下の10項目の予想を挙げて揶揄した事がある。

1.SNSに投稿した内容は当局に全て把握される。
2.個人の商取引は当局によって全て把握される。
3.外出先のいたるところで監視カメラが稼働している。
4.監視下で行動する人間を見て嘲笑うTVバラエティが流行する。
5.当局は個人間のメールを全て読み、検閲する。
6.当局の知らないところでは、新たな交友関係が作れない。
7.当局の認可する文化活動以外に従事する事は犯罪である。
8.位置情報を当局へ送信するものを身に着けさせられる。
9.家のテレビが監視機能を兼ねている。
10.やがてプライバシーという概念を誰も思い出せなくなる。

単なるジョークだと思っていたこれらが一つずつ現実になるにあたり、国民は 初めて、自分たちが籠の中の鳥だと自覚するのである。政府は徐々に国民のコントロールからから外れ、自らを生み出した国民の権利を数々の監視関連法により 統制管理する事を試み始めたのである。すべては輝ける未来の理想的国家の為であるとされた。
ジョージ・オーウェル著「1984」において、主人公は、似たような全体主 義的管理社会で、その矛盾に気付き、静かな抵抗を始める。しかしながらこの物語にはそんな気概のある登場人物はいそうもない。誰に監視されているかわから ない日々の状況に、ただただ右往左往するだけである。

『Shoe Cage』は、行き過ぎた理想社会を描いた連作短編喜劇。

| 電動夏子 | 最新の公演情報 | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://weblog.dna-system.com/trackback/1434309
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ